GIANT ESCAPE RX3の初期仕様のその2

と言う感じで無事納車されたRX3。最低限走れる仕様なのですが、ヘッドランプだけは買い足しておかないと、いざっていう時に不安です。また、自分でも車を運転するときに気になるのが、走っている自転車の目立たないこと…なので、リアにも赤いランプをつけることに。

ちゃんと見えるかしら?自転車の光物といったらCATEYEという気がしてならないのですが、そちらのニッケル水素電池も使えるヘッドランプ。ECONOM HL-EL340。充電器+ニッケル水素電池付のものと別売りのものがあるようです。

これを選んだ主な理由は…夜はそんなに走るつもりはないけど、タイヤもそこそこ細いので路面が見えなきゃという不安を解消してくれそうな約1000カンデラの明るさ。明るければ明るいほど電池は消費するので、できればニッケル水素電池も使えるヤツ。という感じです。

期待通りの性能なんでしょうが。夜に20km/h以上で走るとなるとちょっと不安かもしれません。ちなみにクロスバイクとしては速いRX3ですが、peteramの脚力では今のところ問題無しですね。

お次は、デイランプとして使っているエイリアン形のLEDライト。これを選んだ理由は…黄色いから…ですかね。点滅させて走っているのですが、真昼間だとまったく目立ちませんね。

こちらはテールランプ。実ははじめに上のヤツを買ったのですが、すっかり赤く光るものだと思い込んでいて…後からテール用に買い直しました。こいつも昼間っからテールランプとして点滅させています。

これ以外にCATEYERAPID 5 TL-LD650を購入済みなのですが、未装着だったりします。

そんな感じの元旦のRX3くん。購入した後もろもろ忙しくてあまり乗ってあげられないのですが、とりあえずひとっ走りしてきたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください